Browse Category by blog
blog

おちゃめなおじいちゃん先生と便利なOTCの活用術

今年、インフルエンザにかかった時の話です。

いつも行っている内科は一駅隣にあるのですが、どうにもそこまで行く気力がなく(熱のため)
もう一番近くにある内科でいいや…と思って検索。

家のめっちゃ近くに一件ありました!!
助かった…( ;∀;)

病院に電話して今すぐ受診できるか確認したら大丈夫というこだったので、レッツゴー。
地面を這いたい気分だったけど、頑張って歩きました。
いつも自分がかかっていないから目にも入っていなかったらしい。
めっちゃ近かった。けど、めっちゃ古そう。大丈夫か…?

中に入ってみると他に患者さん居ない…!?
もしやそんなよくないところに来たのかと不安になりつつも、受付を済ませて待つ。
中に一人患者さんがいるらしい。
先生らしき人との話し声が聞こえる。
なかなか待った。絶対無駄話してる。早くしてー( ;∀;)

待ちました。やっと前の患者さん終わりました。
もうしんどい。やっと呼ばれました。診察だ!

診察室は、私がいつもかかっている内科とは違って学校の保健室みたいな感じで、懐かしさを感じました。
先生は結構なお年と思われるおじいちゃん。
いざ診察。
いつからどんな症状がっていうよくある質問を受けてから喉見ます、胸の音聞きます、って通常の流れ。
喉見るっていうからマスクとったのに、直前までとっちゃだめだよーと軽く怒られしょんぼり。
胸は綺麗な音だねと謎に誉められました(笑)

そしてインフルエンザ特有の鼻に綿棒入れるやつ…
昔かかった時に経験して、それが嫌なためにインフルエンザ気を付けていたのに…。意を決して挑みました。
おじいちゃん上手。(失礼)すっと終わりました。

他の医者は消毒とかちゃんとしてないから院内感染とか起きるんだよ…と愚痴をこぼしつつ、消毒液に手をつけるおじいちゃん先生。
なんかかわいい。むしろ消毒液に手をつける医者を初めて見たよ…。
検査結果はすぐ出るからとそのまま待機。
おじいちゃん先生、なぜか経歴を話始める。
この町で一番古い病院なのだそう。
息子さんが居て、大学病院で働いていて…みたいな話を聞いてるうちに検査結果が出ました。
結果だけ聞かされると思ったのに、調べたやつを見せられてここに線が入ってるからあなたはA型ですね、と。
インフルエンザだー( ;∀;)ワーイ

そしてこのあとの話を聞く。
1週間ほど外に出ないこと、お薬はちょっと新しいタミフルとかではないものを使うこと、熱が下がれば再度病院には来なくていいこと。

外に出たらいけないから、誰かに食べるものとか買ってきてもらいなさい。ただ、玄関で受け取るだけであまり接触しないように。
彼氏とかいないのかね?

…突然の彼氏有無の確認( ・∇・)

いないので…と答えたら
誰かいい人おらんのかね(笑)と。

おせっかーい!!!ありがたおせっかーい!!!

友達とかに買ってきてもらいなさいと言われて診察終わり。
なぜか精神的なダメージまで受けましたとさ(笑)
いや、おちゃめなおじいちゃん先生でちょっとほっこりしました。

薬もすぐ近所に最近オープンしたドラッグストアで無事に受け取ることができました。
新しい店内にまだ不慣れな薬剤師さんも数人・・・。
隔離はされましたが、とても親切な薬剤師さんでした。
いまは、買い物ついでに処方箋の薬も受け取れる時代なんですね。ほんとに便利です。
<<薬剤師 求人 OTC>>

おかげさまで、翌日には熱も下がりラクになりました。

blog

あんなに仲良かった40代夫婦がなぜ!?

私の理想ともいえる夫婦が昨年離婚調停をしているという話を風の噂で聞きました。

15年以上の付き合いの彼女、私の憧れでした。大手自動車メーカーで働いているご主人と二人暮らしで、いつも夫婦漫才師のようで一緒にいて沢山笑わせてくれたご夫婦です。

ご主人が誰とでも仲良くなれる性格で、彼女はそのご主人が友達になってくる人を家に連れてくる度、どんな人にも変わらない気遣いをかかさず、二人が磁石のような正反対な性格でもお互いがお互いの長所を引き出しているような関係でうまくいっていると思っていたのに、本当にショックな出来事でした。

離婚調停にまで発展した理由というのが、ご主人の不倫です。不倫相手は、何と彼女の知っている方でした。そして彼女も結婚をして家庭を持っている方とのこと。
ご主人と不倫相手である彼女は仕事で取引先同士という関係から、お互いの家庭の悩みを相談しあううちに男女の関係になったそうです。

ご主人の携帯を見てしまったことは、友人(妻/私の友人)の落ち度であると思います。

しかしそのご主人の携帯のやりとりには、友人の妻としての悪口が沢山書かれており、画像にはご主人と不倫相手の彼女のツーショット写真が沢山あったそうです。
お互いがメールで「別れて一緒になりたい」とまで送り合っていたというのだから、友人のショックは計り知れないものだと思いました。

夫婦になって20年。学生結婚をして本当に仲睦まじい二人だと思っていたのですが、友人がご主人から出ていけと言われて家を追い出された夜、我が家に来て数日泊めてあげたときに詳しい経緯について教えてもらいました。

私の中では不倫なんてテレビドラマを見ているかのようでしたが、本当に実際に、こんな身近な人でおきているなんて思いもよらなかったのですが、今はお互いに晴れて離婚が成立しました。友人自身が一人で生活をする為にと、国家資格を取得する目標に向けて、一所懸命勉強を頑張っている姿を私は応援してあげたいと思っています。そして勉強の合間に?彼女のちゃっかり彼氏ができたそうです。
今流行りのネット婚活らしいです。婚活サイト40代でもニーズはあるんですね。(失礼!!)
国家資格合格と同時に結婚するらしいですよ。
お幸せに!

blog

神戸の病院の待合で出会った様々な人々

私は、付添いの仕事でよく色々な病院に出かけて行くので、いやまあ、いろいろな方々をお見かけしたり、お会いしたりします。今日は、そのごく一部をお話ししたいと思います。

病院の待合室で名前が呼ばれるのを待っている時に、売店で購入した日本経済新聞を読んでいると、隣にたまたま座っていた裕福そうな上品な中年の女性が、「すみません、ちょっとその新聞見せていただけますか?」と話しかけてきました。『何かとても気になる記事が目に入ったのだろう。すこしぐらいなら、まあいいかな。』と思ったので、『はい、どうぞ。』と言いながら、新聞を手渡しました。

しばらくの間私は、携帯音楽プレーヤーでお気に入りのサザンオールスターズの音楽を聴いていました。すると、さきの女性が立ち上がったので、『名前を呼ばれたのかな(順番が来たのかな)、あれれ、ちょっと新聞を返してちょうだいよ。』その女性私が貸した新聞を持ったまま、診察室と真逆の方向へ歩いていくではありませんか!『私まだほとんど読んでないのに、何をするのだ!』と思い、『すみません、それまだ読んでないので返してください。』と大声で叫びながら彼女を追っかけました。彼女は、(ああ忘れていたわ,キョトンとした表情で、「すみません」とも言わずに新聞を私に放り投げるように返し、その場を立ち去って行きました。周囲の人達にも注目されるし、かっこ悪かったです。ほんとにどういうつもりだったのやら。

違う病院でちょっと違うパターンでこういうのがありました。待合室でいつも通り順番待ちをしていると、これまた、上品そうなご婦人が私に話しかけてきました。『ご主人があまりもう長くない』ということらしく、私は気の毒なので、彼女のお話を聞いて差し上げました。そして、突然「ごめんなさい。主人今、点滴部屋にいるから、私ちょっと、もう終わるか見てくるから、このかばんを預かってて、すぐにもどるから。」と言って席を立とうとしたので、先日のなんか嫌な事を思い出し、「ごめんなさい、私もうじき順番来るから、あずかれません。」と彼女にすぐさま鞄を返しました。あのまま預かったままだとどいうことになったでしょうか?皆様ならどうされますか?とにかく病院へ行くといろんな方々が来ていらっしゃいますね。

妹が私と同じく神戸に住んでいて、子供の手が少し離れたからと、パート看護師として最近復帰したようなんですが、看護師の妹なら、もっといろんなエピソードを知っていそうです。ちなみに妹がパート看護師として復帰する際に使用したサイトはこちらです
看護師求人|神戸市で好条件の職場の探し方♪【私の転職体験談】
また面白いエピソードがあったらブログでご紹介しますね。

blog

宇良君が3月場所で初入幕決定的!


世間は稀勢の里の横綱昇進の話題で持ち切りですが、我が家でその話題そっちのけで盛り上がっていることがあります。
それは、初場所で東の十両3枚目だった宇良関が11勝を上げ、来場所は新入幕が決定的となっているのです。
(いつも我が家では宇良君と呼んでいるので、ここでも宇良君と書きます)
前相撲から応援してきた宇良君が、とうとう番付の最高峰まで上がってきました。
こんな喜ばしいことはありません。

宇良君は2015年の3月場所で前相撲を取り、順調に番付を上げてきました。
宇良君の入門時の目標は2年で関取になることでした。関取になるというは十両へ上がることです。
昨年の5月場所に十両昇進しているので目標は達成しており、次の目標は幕内に上がることです。

十両に上がってからは、足首の捻挫や手の甲の骨折などのけががあり、昨年の9月場所で始めての負け越しを経験しました。
体が小さく、激しい取り組みが多い宇良君が、土俵の下に落ちたり、のけ反ったりするといつも心配でしかたありません。

学生時代は、居反りというアクロバットな技を得意としていたため、角界へ入門当初からそればかりが注目されていました。
体重が軽いときには、やはりアクロバットな技で勝つことが多かったのです。
しかし、本人もこれでは上位に上がった時には勝つことが難しいとコメントしており、稽古で押す力をつけていると話していました。
初場所ではたすき反りなんて何十年ぶりに出た決まり手もありましたが、寄り切りや押し出しで勝つことも増え、自力がついてきているなと感じます。
華やかな幕内で相撲を取ってくれるのはファンとして本当に嬉しいのですが、反対に心配でもあります。
やはり、幕内は当たりも強いし、体の大きな人が多くなります。

初入幕は跳ね返されて、再度十両へ落ちるこのは致し方ないと思いますが、大きなけがなく土俵を務めて欲しいと思います。

幕内で相撲を取っても一生懸命で可愛い宇良君を見せてほしいと思います。